【感想】『今夜、ロマンス劇場で』を見たらいろいろ考えさせられた

かなり久しぶりに映画見てきました。

『今夜、ロマンス劇場で』という映画です。

結論から言うとめちゃくちゃよかったです。

酷評で有名なヤフー映画のレビューで1位を取るくらいなので、面白いと思った方が多かったみたいですね。

最近よくある漫画の実写版とかじゃなくて、完全オリジナルの映画だったのもよかったです。

 

※以下ネタバレあり

普段映画見るときってあまり予習しない派なんですけど、今回は本当に何も知らない状態で行きました。

久しぶりに映画みるか~って思って映画館入って、一番待ち時間の少ない映画がしよう~みたいなノリでこの映画を選びました。

映画が始まる前の予告で「あ、綾瀬はるかさんが出る映画なんだな」ってことを知りました。

 

簡単なあらすじと感想

最初モノクロ映画の感じで始まって、これはどういう話なんだろう?って思ってたら、そのモノクロ映画は映画の中の映画でした。

で、そのモノクロ映画から美雪という姫が画面から出てくるんですけど、最初美雪が出てきてるのか美優役の俳優さんが画面から出てきてるのか理解できませんでした。

しばらくしてから画面から出てきたのは美雪役の俳優さんじゃなくて、美雪なんだなってことがわかりました。

この辺は予習してないとこんがらがってしまうと思います。

 

美雪は主人公の健司と恋に落ちてしまうんですけど、二人は触れ合うことができません。

なぜかというと美雪は映画の世界から来ているため、人に触れちゃうと消えてしまうからです。

 

で、どうなるのかな~って思ってたら、それから何十年も二人は触れないで生活していき、健司が死ぬ間際になってからようやく触れ合うんですよ。

本当に消えるのかな~?とか思ってたら本当に消えちゃって「本当に消えるんだ…」って思いました。

 

それまでにも何回も「触れてみたい!!」っていうタイミングはあったはずです。

でも、お互いそんな誘惑に負けずに二人一緒に過ごせることを優先して、触れないで何年も生活してたのは本当にすごいなと思いました。

純愛ってこういうことなのかなとも思いました。

 

お互いがお互いを好きになってから触れたら消えてしまうってことがわかったとして、それからも関係を続けられる人っているんですかね?

僕は正直できないなーと思います。

プラトニックラブ(身体の関係を持たない恋愛)という恋愛の形もあるみたいですけど、今回のはプラトニックラブ以上に触れ合わない関係ですからね。

 

小銭とか渡すときとかも触れたらダメだからテーブルとかに置いて、それを取ってもらうみたいな感じで間接的にしか物をわたすことができません。

電車で移動するときとかも肩が触れちゃうとダメだから隣同士で座ることができません。

もちろん、手をつなぐこともできません。

それでも一緒にいたいって思えるってすごいなー

 

この映画を見てから、人って何のために人と一緒にいるんだろうなぁとか考えちゃってすごく不思議な気持ちになりました。

そして、もしかしたら触れ合ってはいけない以上に厳しい条件でも一緒にいたい!という気持ちを優先して一緒にいる人もいるかもしれないとも思いました。

今の僕には無理ですけど、このような厳しい条件でも一緒にいたいっていう気持ちが強いなら一緒にいるべきだと思います。

お互いが合意の上で一緒にいたい!って思ってるなら、周りからどんな目で見られようとも堂々と一緒にいるべきです。

 

まだ法律が追いついてないっていうのもあって、男と女でしか結婚できない国が圧倒的に多いと思うんですけど、早くいろんな関係が受け入れられる世の中になんないかな~って思います。

人工知能のロボットとかも今よりもっと発達して人間っぽくなって、人工知能と結婚したい!っていう人も出てくると思うんですよ。

そうなったときに「人工知能と結婚してもいいよ~」ぐらいの緩さがあってもいいんじゃない?って感じです。

 

話が逸れに逸れてしまいました。すいません。

もう一つ印象に残ったのはロマンス劇場の館主が言った

「これだけ多くの映画が作られてるけどほとんどの映画は忘れられていく」

みたいなセリフです。(記憶が曖昧なので今度もう一回見たときに確認しときます)

 

このセリフを聞いてから、作品を作るってどういうことなんだろう?と考えちゃいました。

映画に限らず、ほとんどのものって忘れられていくと思うんですよ。

それでも作る意味ってなんだろうな~

なんか人生の儚さを感じましたね。

映画が終わったあともなんか映画から抜け出せなかったです。

深いな~このセリフ

 

まとめ

偶然出会った映画だったけどめちゃんこ面白かったし、いろいろ考えさせられました。

要所要所でツッコミどころはいくつかあるんですけど、それを踏まえてもとてもいい映画だったと思います。

今度もう一回見てみます。

 

おわり