YouTubeダラダラ見ないチャレンジ成功しました【3回目でやっと】

「YouTubeダラダラ見るのやめるチャレンジ」にようやく成功しました。

挑戦3回目にしてやっとです。

 

以前『継続する技術』というアプリを使って、Twitter断ちに成功し、そのおかげでダラダラとTwitterを見ることはなくなりました。

継続する技術

継続する技術

Daisuke Toda無料posted withアプリーチ

 

「継続する技術」を使ったら楽に習慣化できた【アプリ レビュー】

 

そこで

ぼく

この勢いでYouTube断ちもいけるんじゃないか
と思い、YouTube断ちにも挑戦してみました。

 

しかし、自分の「動画を見たい!」という欲が思った以上に強く、この挑戦は難しいものだとわかりました。

 

「完全に断つのではなく、ちょっとずつ減らしていこう!」

というハードルの低い目標を立てたにも関わらず、なかなかうまくいきませんでした。

 

これまでに2回失敗しています↓

30日YouTube見ないチャレンジ【16日だけ継続成功】 【2回目】YouTube断ちチャレンジ失敗【14日だけ継続成功】

 

失敗が続いて

ぼく

YouTube強いな〜
と思っていたのですが、3回目にしてなんとか成功することができました。

 

2回失敗しているので、目標のハードルはかなり下げています。

ですが、結果的に1、2回目の挑戦後よりも明らかにYouTubeから距離を置けるようになりました。

 

動画を再生するまでに『一手間』加えたことが1番の成功の理由だと思います。

その『一手間』とは何なのか?そして、なぜ成功することができたのか?について語ります。

 



YouTube断ちに1番効いた『一手間』

結論から言うと、この一手間とは

「動画を再生する前に、動画タイトルをEvernoteにコピペする」

というものです。

 

「動画を見てもいいけど、タイトルをコピペしてからじゃないと見れない」

というのを徹底しました。

僕はEvernoteというメモアプリを使ったのですが、別にメモであれば紙のメモでも他のメモアプリでも大丈夫です。

 

それだけでそんな変わる?
と思う方もいるかもしれませんが、これが意外に効きました。

 

「再生ページを開いて再生ボタンを押す」

「再生ページを開いて、タイトルをコピペして、Evernoteに貼り付けてまた再生ページに戻って再生ボタンを押す」

とでは全然違います。

 

この一手間が面倒くさくて見るのをやめた動画もかなりあります。

動画を見るまでのハードルが無理なく上がる感じがよかったのではないかと思います。

 

そして、このコピペという一手間に加え、

  • コピペしてから1週間経たないと見れない
  • ブログ1記事書くと30個動画見れる権利を得ることができる

というルールを追加しました。

 

効果があったのは「ブログ1記事書いたら30個動画見れる」というルールです。

正直、「コピペしてから1週間経たないと見れない」ルールはあまり意味がありませんでした。

1週間経とうが見たい動画は見たいままで、その気持ちが変わることはなかったです。

 

以上の結果をまとめると、効果があったのは以下の2つです。

  • ブログ1記事書いたら30個動画を見れる
  • 動画を再生する前に、動画タイトルをメモ帳にコピペする

 

○○やったら○個動画見れる!というようにすることで、○○をやるモチベーションにもなります。

そして、見れる動画数に制限を設けることで、余計な動画は見ないようになります。

1つ1つの動画を味わって見るようになるので、ただなんとなく動画を見てしまっている人におすすめのルールです。

 

再生する前に「タイトル」「サムネ」「コメント欄」「評価」「動画時間」をチェックすることで、どんな動画なのか予測することができます。

特に「コメント欄」は重要な情報です。

 

コメント欄を読むだけで、動画の内容を予測できることもあります。

再生数の少ない動画ならともかく、再生数の多い動画ではコメント欄で見る見ないを判断するのもアリだと思いました。

 

見た動画と見れる動画数の管理法

上にも書いたようにEvernoteで見た動画と見れる動画数を管理していました。

こんな感じです↓

 

日付は動画を見た日にちで、その下に実際に見た動画のタイトルを書いています。

上に書いてある76は現時点で見れる動画の数です。

 

動画タイトルをコピペした直後に減らしていきます。

ブログを1記事書く度に+30です。

 

0になったら動画を見ることができません。

0にならないようにブログを書き続けました。

 

まとめ

今回試してみた以下の2つは効果大アリでした。

  • ブログ1記事書いたら30個動画を見れる
  • 動画を再生する前に、動画タイトルをメモ帳にコピペする

「ブログを書いたら~」の部分を「1キロ走ったら~」に変えたり、30個を50個に変えたりしてもいいと思います。

 

見れる動画の数を制限することは、ダラダラYouTubeを見るのを防ぐのにとても有効だとわかりました。

上に書いたことは1ヶ月を過ぎた今でも続けています。

YouTube断ちとまではいかないのですが、YouTubeとの距離感をうまく取ることに成功しました。

 

やらなけらばならないことがあってYouTube見てる場合じゃないのに見てしまう…」

なんとなく開いて動画を見て、気づいたらこんな時間だった…

という経験があり、ダラダラとYouTubeを見るのをやめたい人におすすめの方法です。

 

スマホで気軽に見れてしまう分、多大な時間を奪われてしまう危険もあります。

YouTubeでは「関連動画」や「人気動画」が自動で出てきて、視聴者に長く動画に居座らせるような仕組みになっています。

 

もはや沼です。

YouTube沼です。

 

この沼から抜け出すためにはYouTubeの仕組みに対抗して、自分をコントロールする仕組み(習慣)が必要です。

YouTubeにどっぷり浸かっている人ほど抜け出すのは大変だと思います。

 

しかし、ハードルの低いことからやって行けば必ず抜け出せます。

そして、いつかYouTubeと和解できる日が来ます。

そんな日が来ることを心から願っています。

 

おわり

継続する技術

継続する技術

Daisuke Toda無料posted withアプリーチ