【DaiGo】『自分を操る超集中力』を読んだ感想【即実践可能】

集中力の鍛え方について書かれている本です。

「自分のやるべきことはわかっているのになんか集中できてないな」という人におすすめの本です。

本屋で目に入って中身をさらっと立ち読みしてみたところ、非常に読みやすかったので買ってみました。

 



この本から学んだこと

  • 集中力は才能だけで決まるものではなく、誰もが鍛えることができる
  • 我慢にも集中力を使う

集中力は才能だけで決まるものではなく、誰もが鍛えることができる!

以下の流れを繰り返すことで集中力を鍛えることができます↓

  1. 1つの行動に着目し、習慣化する
  2. 習慣化した結果、集中力を使わずにできるようになる
  3. ほかのことに集中力を使う余裕が生まれる
  4. 1.に戻る

 

実際に「継続する技術」というアプリを使って“1つ”の行動に集中してみた結果、習慣化することができました↓

「継続する技術」を使ったら楽に習慣化できた【アプリ レビュー】

何か身につけたい習慣がある人にオススメのアプリです。

 

我慢にも集中力を使う

「何かをやろうとする時」だけでなく、「何かををやらないと決断し、我慢する時」にも集中力を使います。

そのため、勉強している時に机の上にスマホを置いてるだけでも集中力を使ってしまいます。

スマホをいじらないように意識することにも集中力を使うからです。

何かに集中したい時は、なるべくその作業に関係のないものは周りに置かない方がいいようです。

 

「机とパソコンしかない」ような決められた作業しかできない部屋があるのが理想ですね。

集中力を無駄なく使うことができる部屋をいつか作ってみたいなと思いました。

 

この本のよかったところ

科学的根拠、実験に基づいて書かれているところです。

根拠のない精神論、根性論のようなものは書かれていません。

あと、本文の重要なところに青線が入っていて、見やすいところもよかったです。

モザイクをかけているのでちょっと見にくいですが、こんな感じです↓

 

どんな人におすすめか

この本は「何をすべきかはわかってるんだけど、いまいち集中できてない」と感じてる人におすすめです。

この本に書かれている内容を1つ実践するだけでも、自分の中の変化を実感できると思います。

レイアウトがすっきりしてて非常に読みやすい本なので、読書が苦手な方にもおすすめです。

もしよかったら読んでみてくださいヽ(´▽`)/

ブータン

ブー(集中力のある豚になりたい)

 

おわり