【上阪徹】『超スピード文章術』を読んだ感想

とにかく早く書き終えるためのスキルと考え方について書かれている本です。

小説のような感動的な文章の書き方ではなく、わかりやすくて、読者に役に立つ文章の書き方を学べます。

著者の上阪徹さんは、ライターで月に15万字書いているそうです。

それだけ書いているだけあって、本の内容にも説得力がありました。

この記事では、特に参考になった部分と文章術を実践してみた結果をお知らせします。



特に参考になった部分

素材を使って速く書く「素材文章術」

速く書く「素材文章術」は5つのステップに分けられます。

  1. 書く目的と読者を決める
  2. 素材を集める
  3. 素材を組み立てる
  4. 一気に書ききる
  5. 見直す

特に1が大事です。

書く目的と読者を決めると、必要な素材が明確になり、素材を集めやすくなるからです。

 

ちなみに、ここでいう素材とは文章を書き上げるために必要なネタのことです。

素材は3つに分けられます。

  1. 独自の事実
  2. エピソード
  3. 数字

あらかじめ決めた書く目的と読者に合った素材を集めます。

 

普段から素材を集めておく

毎日のように雑感を書きとめ続けていれば、自分の雑感は溜まっていきます。

そして、自分がどんなことに興味があるのか、どんなことに感動するのかなど、物事に対する感性が研ぎ澄まされていくのです。

(中略)

私は、当意即妙な「コメント力」がある人は、そういうことをやっているのではないかと思います。

的確なコメントをパッと出せる人は、もしかしたら普段から思ったことを口に出したり、メモしたりしてるのかもしれません。

コメント力を身につけるためにも、何気なく思ったことも日頃からメモしていきたいなと思いました。

 

文章を見返してわかりづらい時は形容詞を減らしてみる

文章を見返して、もし形容詞の量が多かったら、形容詞を素材に変えてみてください。

わかりづらい文章をわかりやすくするためのテクニックです。

曖昧な形容詞に逃げてしまいがちですが、形容詞ばかりだと中途半端な文章になってしまいます。

形容詞を多用しないと書けない文章は、事前の素材集めが不足している証拠です。

できるだけ形容詞なしで文章が書けるように、事前の素材集めはしっかりしないとダメだなと思いました。

 

さっそく実践してみた

「素材文章術」をさっそく実践してみました。

 

この書評記事の読者は未来の自分です。

「あの本何書いてあったっけ?」

「どこに感動したっけ?」

となった時にすぐに見返せるように記録をブログに残しています。

 

なので、集める素材は本の内容と感想です。

素材文章術を実践するために、素材をメモに取りながら本を読んでみました↓

今回、印象に残った部分と一緒に思ったこともメモしてみました。

そうすることで、一気に感想が書きやすくなりました。

 

まとめ

ブログ記事を書くときにも使える「素材文章術」を学びました。

どんな文章を書くときにも使える便利なテクニックです。

とてもわかりやすくて、勉強になりました。

文章をより速く書けるようになるために、何気なく思ったことも普段からメモしていこうと思います。

 

おわり