【松尾茂起】『沈黙のWebマーケティング』を読んだ感想【本質】

この本は、Webマーケティングについて書かれている本です。

 

その場しのぎ的に役立つ小手先のテクニックではなく、長期的に役立つWebマーケティングの“本質”を学ぶことができる本です。

 

マーケティングについて知りたいという気持ちはあったのですが、なんとなく「マーケティングって難しそうだな」と思っていたので、マーケティングに関する本は避けていました。

 

そんな中、本屋でたまたまこの本を見つけ、ぱらぱらっと読んでみたら、めちゃくちゃわかりやすかったので、即買いしました笑

 

帯にも書いてあるようにこの本は、「ハードボイルド系ノベル」と「わかりやすい解説」の2つが組み合わさった本です。

 

この本の「ハードボイルド系ノベル」の部分はこの本の公式HPでも読むことができるので、「ハードボイルド系ノベルって何?」と思った方は、こちらで確認してみてください。

沈黙のWebマーケティング ―Webマーケッターボーンの逆襲― 

 

 



この本のどんなところがよかったのか

 

ざっくり言うと「ハードボイルド系ノベル」の方も「わかりやすい解説」の方もどちらもよかったです。

 

ノベルの方は、登場するキャラクター1人1人にそれぞれ魅力があることに加え、ストーリーがしっかり練りこまれていたので、自然と話に引き込まれてしまいました。

 

章と章の間に、その章のまとめが書かれているページがあり、後で読み返すときにはこのまとめ部分を読むのがいいと思うのですが、ノベルの方にもさらっと重要なことが書かれていました。

 

ノベルの方を読むことにより、ノベルの後にあるまとめページの理解しやすくなるので、ノベルもあわせて読んだほうがいいと思います。

 

ノベルの方では、ストーリーとともに感情を込められて文章が書かれているからか、書かれていることがよりリアルに感じられました。

 

まとめページでは、SEOやSWOT分析、感情を動かすコンテンツなどについて書かれていて、その中でも2章のまとめに書かれている「Webデザインの本質」について書かれている部分が特に参考になりました。

(↑まとめページはこんな感じです。)

Googleなどの検索エンジンで検索する人が何を求めて検索したのか?ということについてあらためて考えてみるきっかけになりました。

 

何を求めているのか?というのは人によって違ってくると思いますが、多くの人は情報を求めて検索をしているということは、当たり前のことだと思います。

 

ですが、この当たり前のことを意識した上で何を書くのかを考えるのと、ただなんとなく書くのとでは全然違った結果になるな~ということがなんとなくわかりました。

 

言葉をメインに画像や動画を添えた発信の仕方がいいのか、それとも、画像や動画をメインに言葉を添えた発信の仕方がいいのかは、誰が何を求めているのかを深く考えないとなかなかわからないことだと思います。

 

「ただ自分が好きでやっていて、他人にどう評価されようが構わない」というような人は、このようなことを考える必要はないと思いますが、誰かに何かを売ることを目的としている人にとっては欠かせない考え方だなと思いました。

 

 

どんな人におすすめか

 

ハードボイルド系ノベルの方の話が面白いので、公式HP(沈黙のWebマーケティング ―Webマーケッターボーンの逆襲― )を見てちょっとでも「面白そうだな~」と思った人はもちろん、漫画好きの人にもおすすめです。

 

マーケティングに関する知識やネットに関する知識がほぼ0の状態でも理解できるぐらい噛み砕いて解説されています。

そのため、初心者に適した本と言えるでしょう。

 

ですが、すでにマーケティングの本を何冊か読んだことのある人にとっては物足りないかもしれません。

 

なので、公式HPを読んで「これくらいはもう知ってるわ」という人や「このノリなんか嫌」と感じた人は読まないほうがいいでしょう。

 

 

まとめ

 

全体的に見やすくてわかりやすい本だと思いました。

 

明らかな欠点は見当たらないくらい良い本なのですが、強いて言えば本が重いところがマイナスですね。

漫画は紙媒体を読みたい派なので紙の本を買いましたが、電車で読んでたら腕が疲れました。

なので、「別に紙の本じゃなくてもいい!」という人にはkindle版をおすすめします。

それでは。