【Rails5】初心者が最短でWebアプリを作る方法解説

 

  • Progateをどれくらいやればいいのかわからない。
  • Progateをやった後に何すればいいかわからない。
  • RailsチュートリアルをやらずにRailsでアプリを作りたい!
  • 出来るだけ時間をかけずにオリジナルアプリを作りたい!

このような悩みを持つ人に向けて書いた記事です。

プログラミング完全初心者が最短でWebアプリを作る方法について解説します。

 

これから紹介する方法を実践すれば、以下のようなアプリが作れるようになります

https://the-magic-of-memos.herokuapp.com/


 

Rubyというプログラミング言語のRuby on Rails5というフレームワークを使って作りました。

プログラミング学習サービスをうまく使っていけば、プログラミングスクールに通わなくても上記の動画で公開したアプリぐらいなら余裕で作れます。

 

Railsでアプリを作って、公開するまでに学習する必要があるのは以下のものです。

  1. Progate HTML&CSS初級編・中級編
  2. Progate  Ruby
  3. Progate Command Line
  4. Progate Ruby on Rails5
  5. Udemy 中村祐太さんの講座「よくわかるRuby on Rails入門-RubyRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう」

この順番で進めていくと、Progateで作ったTwitterっぽいアプリをHerokuというサービスを使って公開できます。

ぱっと見多く見えますが、教材・動画の通りに手を動かすだけでいいので、そこまで大変じゃないです。

 

手順5のアプリを公開するところまで進んだら、Railsの大まかな仕組みは理解できるようになります。

追加したい機能をググって追加できる力がついています。

僕も実際に以上の手順を踏んだことで、Railsの大まかな仕組みが理解できました。

 

大事なのは「覚えようとしないこと」です。

具体的な手順について解説していきます。

 



Progate

  • HTML&CSS
  • Ruby
  • Command Line
  • Ruby on Rails5

まずはProgateで全体像をざっくり理解します。

 

HTML&CSS

HTMLとCSSの基礎を学びます。

やるのは初級編と中級編の学習コースだけで大丈夫です。

覚えようとせず、1、2周してなんとなく理解できればオッケーです。

 

Railsでアプリを作ることが目的の人は、そこまでHTMLとCSSに詳しくなる必要はないです。

僕もすべては覚えていません。

3周以上はしないようにしましょう。

 

Ruby

Rubyの基本的な文法について学んでいきます。

クラスの話が出てくるところあたりから難しくなりますが、なんとなくの理解で大丈夫です。

Railsでアプリを作っていくときに嫌でもRubyに触れることになるので、その時に作りながら学んでいくのがいいと思います。

 

Command Line

Ruby on Railsを使ったアプリ制作では、ターミナルという真っ黒い画面を操作してアプリを作っていくので、その操作方法について学びます。

これも1、2周しておけば大丈夫です。

 

Ruby on Rails5

Ruby on Rails5のⅠ〜Ⅲはしっかり理解しましょう。

あとのⅣ〜Ⅺは、Ⅰ〜Ⅲが理解できていれば大体理解できるので1、2周するだけで大丈夫です。

 

実際にProgateをやってみるとわかるのですが、基本的にRailsのアプリを作るときにいじるのは「ルーティング」「コントローラ」「モデル」「ビュー」の4つだけです。

この4つをⅠ〜Ⅲで理解すると、Ⅳ以降のレッスンがⅠ〜Ⅲの繰り返し・応用であることがわかります。

なので、ProgateのRuby on RailsでしっかりやるのはⅠ〜Ⅲだけで大丈夫です。

 

Udemy「よくわかるRuby on Rails入門-RubyRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう」

Udemyで中村祐太さんの講座「はじめての Ruby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう」
を受けましょう。

ただし、すべての動画を見る必要はありません。

 

見るのは、以下の動画だけです。

 

  • Cloud9で環境構築し、アプリを作る動画セクション2)
  • 作ったアプリをHerokuにデプロイする動画(セクション6)

ここまでやると、Cloud9で環境構築し、Progateで作ったアプリをCloud9上で作り、Herokuにデプロイすることができます。

 

注意
Udemyではかなり頻繁にセールが行われているおり、ほとんどの講座が1500〜2500円ぐらいで購入できるので、定価で購入することはおすすめしません。

定価で販売されていたら、セールが始まるまで待つことをおすすめします。

 

ググってもわからないときはMENTAを利用する

この記事で紹介した手順に従って、Progateで作ったアプリをHerokuにデプロイできたら、追加したい機能をググって追加できるようになっていると思います。

しかし、Progateで基礎の基礎をさらっとやっただけなので、ググってもわからないところも出てくると思います。

 

そんなときはMENTAというサービスを利用しましょう。

MENTAでは実際にエンジニアとして働いている方々にアドバイスをいただくことができます。


 

僕はググってもユーザー退会機能を自力では実装できなかったので、MENTAでエンジニアの方に相談しました。

そうしたら、2、3回のやりとりで問題が解決してしまいました。

お金は多少かかりますが、大幅な時間の節約になります。

なので、もし自力で解決できない問題にぶち当たったら、このようなサービスを利用してみるのといいと思います。

 

まとめ

Railsでアプリを作って公開するまでに必要な手順は以下の通りです。

  1. Progate HTML&CSS初級編・中級編
  2. Progate  Ruby
  3. Progate Command Line
  4. Progate Ruby on Rails5
  5. Udemy 中村祐太さんの講座「よくわかるRuby on Rails入門-RubyRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう」

 

1〜5までをやり切れば、少なくともProgateで作ったアプリを公開することはできます。

あとは追加したい機能をググりながら、Progateのスライドを復習しながら手を動かしていくとオリジナルアプリを作ることができます。

どうしてもわからないことが出てきた時はMENTAでエンジニアの方に相談しましょう。

 

繰り返しになりますが、大事なのは「覚えようとしないこと」です。

Progateで学ぶ内容を覚えていなくても、アプリを作ることはできます。

忘れたらググったり、Progateのスライドを見ればいいのです。

覚える必要はありません。

 

基礎をざっと理解して、教材の通りに手を動かしていれば、覚えていなくてもその教材で紹介されているアプリは作ることができます。

アプリを作ることができたら、いじるべきポイントがわかってきます。

 

基礎がわかっていないとアプリは作れないのではないか?
という気持ちはすごくわかるのですが、基礎の沼にハマってしまうといつまで経っても何も作れるようにはなりません。

 

基礎は大事ですが、基礎の沼にはハマらないようにしましょう。

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

おわり

 

Web制作を160時間勉強してわかったこと【デザイン興味ない】