Progateで学んだGitのコマンドまとめ

共同開発をするために使うGitというツールの使い方を学びました。

ProgateGitで学んだGitのコマンドをまとめておきます。

 



Progateで学んだGitのコマンドまとめ

  • git init
  • git add ファイル名
  • git commit -m “メッセージ”
  • git remote add リモート名 リモートのURL(GitHubのURLなど)
  • git push origin master
  • git pull origin master
  • git status
  • git diff
  • git log
  • git log -p

 

git init

Gitを使うために始めに打つコマンド

リモートというファイルを共有する場所にアップロード(push)する前に実行するコマンドです。

 

git add ファイル名

共有したいファイルを選択するのに使います。

 

git commit -m “メッセージ”

git addで選択したファイルをコメント付きで記録します。

 

git remote add リモート名 リモートのURLGitHubURLなど)

リモートにアップロードするためにリモートのURLを登録するコマンド。

リモート名はoriginとすることが多いそうです。

これでリモートにファイルをアップロードする(pushする)準備が整います。

 

git push origin master

git remote addで登録したリモートにアップロードすることができます。

 

git pull origin master

pushされたファイルをダウンロード(pull)することができます。

 

git status

変更したファイルを確認できる。変更されたファイルは赤色で表示されます。

また、addしたファイルを確認でき、addされたファイルは緑色、されていないファイルは赤色で表示されます。

 

git diff

変更内容を確認できます。

 

git log

自分や他人のコミット(コミットメッセージ)を確認できます。

 

git log -p

コミットメッセージだけでなく、変更内容も確認できます。

 

以上がProgateのGitで実行したコマンドです。

「add→commit→push→pull→…」というGitの基本の流れを実際にコマンドを実行して体験しました。

Gitに触れたことがない方が最初にやるものとしてはProgateが1番いいと思います。

» Progateはこちら

 

おわり

 

Web制作を160時間勉強してわかったこと【デザイン興味ない】