【水野敬也】『ウケる日記』を読んだ感想【面白いだけじゃない】

水野敬也さんのブログ「ウケる日記」で特に人気がある記事と未公開記事「富士急ハイランド事件」が収録されている本です。

  • 2011年から2012年1月23日までの日記から厳選されています。

水野敬也さんの文章が好きで、ブログも全て読んでいるのですが、未公開記事が読みたかったので購入してみました。

未公開記事「富士急ハイランド事件」は、ブログの1記事にしてはかなりボリュームがあったので、本を買った甲斐がありました。

 

「ウケる日記」では、水野さんが日常を細かく観察し、深く考察した内容が書かれています。

下ネタもかなり多いですが、人生について考えさせられる記事や様々な雑学を知れる記事も多いところが「ウケる日記」の魅力だと思います。

 

この本に収録されている話で言うと、次の3つが印象的でした。

  • 水野の顔はアリかナシか問題
  • 自分フロンティア
  • 絶賛プロジェクト
参考 水野の顔はアリかナシか問題ウケる日記 参考 自分フロンティアウケる日記 参考 絶賛プロジェクトウケる日記

特に「自分フロンティア」に書かれている話が面白かったです。

なぜ昔の日本人は阿弥陀如来と浄土を信じていたのか?という疑問に対する水野さんの答えから話が始まり、そこからこの世界の楽しみ方についての話に進んでいくのは本当にすごいなと思いました。

些細な日常から人生の教訓を見出し、普通の人がなんとなく見過ごしてしまうものを壮大にできる水野さんの思考と文章力のすごさを改めて感じました。

 

水野さんのブログ「ウケる日記」を読んで、面白いと思った方には水野さんの本もぜひ読んでみてください。

 

おわり