ブログが好きだ

ブログが好きだ。

読むのも書くのも好きだ。

数え切れないほどのブログを読んできた。

そして、少なく見積もっても、累計500記事ぐらいは書いてきたと思う。

 

 

YouTubeに動画を投稿したり、音声配信アプリでラジオを始めたりなど、いろんな形で発信してきた。

動画でしか表現できないこと、ラジオでしか表現できないことがあるので、一概にこれらの優劣をつけることはできない。

ただ、僕は動画、音声で発信をしてみて、1番ブログで発信することが好きかもしれないと思った。

 

僕自身、あまり喋るのが得意じゃない。

日本で生まれ、日本で育ったはずなのに、思ったように日本語が喋れないことが結構ある。

音声配信アプリで毎日独り言を喋るラジオを始めてから、だいぶ喋れるようにはなったが、まだまだだと思う。

 

経験が足りてないだけで、もっと数をこなしていけば、喋れるようになるのかもしれない。

ただ、現時点では喋るよりもブログでの発信、つまり文章で伝えることの方が圧倒的に得意だと感じる。

 

文章だと考える時間があり、何度でも訂正できる。

ブログは公開してからも直したり、消したり、足したりできる。

そのためか、自分の考えを整理しながら、より洗練された発信ができる。

なので、自分が「考えたこと」を発信する媒体としては、ブログが1番適していると思う。

 

今となっては当たり前のことだが、この当たり前に気づくまでにかなり時間がかかった。

ブログを何百記事と書いてきて、ブログを書くのをやめて、動画やラジオで発信してみて、ようやく気づいた。

離れてみて、ようやくその大切さに気づけた。

なので、動画やラジオでの発信を続けつつ、ブログでも発信し続けたい。

 

ブログは僕の分身であり、作品でもある。

そして、生涯のパートナーでもある。

そんなブログを大事にしていきたい。

そう思った。