目次下とh2見出しの間にアドセンス広告を設置する方法

この記事では、以下の画像のように目次の下とh2見出しの間にアドセンス広告を設置する方法を解説します。

 

スマホだとこんな感じです↓

 



具体的な手順

1.「Table of Contents Plus」を使って目次を表示させる

「Table of Contents Plus」というプラグインを使って、目次を表示させます。

「Table of Contents Plus」の導入方法と使い方は、はにわまんさんが書いた記事がわかりやすいです↓

参考 WordPressで目次を自動生成できる「Table of Contents Plus」プラグインの使い方HPcode

 

2.Google Adsenseで広告ユニットを作る

Google Adsenseにアクセスして、目次下とh2見出しの間に設置する広告ユニットを作ります。

以下の画像のような広告を設置したい場合は、「記事内広告」を選択してください。

広告の名前はなんでもいいのですが、僕はわかりやすいように「目次下とh2の間」という名前をつけています。

 

広告コードを使うので、コピーしておきましょう。

 

3.Table of Contents Plusのtoc.phpに取得したコードを貼り付ける

先ほどコピーした広告コードをTable of Contents Plusのtoc.php貼り付けます。

まず、Table of Contents Plusの編集画面を開きます。

WordPressのダッシュボード画面にある「プラグイン」→「Table of Contents Plus」→「編集」で編集画面に行きます。

 

toc.phpを編集していきます。

 

Ctrl+Fキー(Macはcommand+Fキー)で検索画面を開き、以下のコードを検索します。

$html .= ‘<ul class=”toc_list”>’ . $items . ‘</ul></div>’ . ;

そうすると、1箇所該当する場所が見つかるはずです。

 

見つけたら、ここを以下のコードに置き換えます。

$html .= ‘<ul class=”toc_list”>’ . $items . ‘</ul></div>’ . ‘<br />アドセンスの広告コード<br />’;

先ほどコピーした広告コードを「アドセンスの広告コード」の部分に入れます。

 

そうすると以下の画像のようになります。

 

最後に「ファイルを更新」で変更内容を保存して終わりです。

うまくいっていれば、しばらくした後に広告が表示されています。

 

おわり