「継続する技術」を使ったら楽に習慣化できた【アプリ レビュー】

「継続する技術」とは、続けたいことを1つ決めて習慣化させるのを手助けしてくれるアプリです。

 

「継続する技術」のおかげで「自分がつぶやくとき以外Twitterを見ない」を習慣化することができました。

だらだらとTwitterを眺めていることが多かったのですが、自然にやめることができました。

それまでにも何回かやめようと思っていたのですが、なかなかやめれませんでした。

そんな僕がなぜやめることができたのか?このアプリの何がよかったのか?について語っていきたいと思います。

 



なぜやめることができたのか?

これは習慣化することを1つに絞れたからだと思います。

1つに絞ることにより、精神的にかかる負荷を減らすことができます。

同時にいろんなことを習慣化しようとするとしんどいです。

習慣化の達人じゃないと無理だと思います。

忍耐力が普通の人はなおさら「1つずつ」が大事になってきます。

Twitterから抜け出すことに何回も失敗してきた僕でも、1つに集中することでTwitterから抜け出すことに成功しました。

プライベートで使っているアカウントは一切見てないですし、見ようとも思いません。

目標のハードルを下げるために「自分がつぶやくときは見ていい」というルールをつけたのですが、つぶやこうとすらも思わなくなりました。

見るのちょっと面倒くさいなと思うぐらいTwitterから遠ざかってしまいました。

今使っているアカウントは、このブログで使っているアカウントだけです。

自分にとって必要な情報を得るために使っています。

以前のようにだらだら見ることはなくなりました。

1つのことだけ頑張ればちょっといい自分になれるんだ!と思ったら、無理なく継続することができました。

継続していくとどんどんゲージが溜まっていくので、積み重ねてきたものを無駄にしたくないな~という気持ちになります。

せっかくここまで積み重ねてきたんだからあとちょっと続けてみよう!という気にさせてくれる素晴らしい仕組みだと思います。

 

実は1回だけ途切れてしまったのですが、その後は問題なく続けることができました。

習慣は継続できていたのですが、アプリをタップすることを忘れていました。

2日以上タップするのを忘れると習慣化失敗ということになり、また0からやり直しです。

 

タップし忘れて0からやり直すことがないようにホーム画面の下に固定させました。

「継続する技術」を常に見えるところに置いておくのも大事なことだと思います。

 

こうすることで習慣をより自然に意識することができました。

 

「継続する技術」のいいところ

達成できる目標の立て方が書かれている

このアプリを最初始める時に目標を作るのですが、その時に目標の立て方について教えてくれます。

 

コメントに励まされる

習慣化したいことを決めて、それがその日達成できたら毎回違った言葉で励ましてくれます。

 

1つのことに集中することで無理なく習慣化できる

1つって少なくない?と思う方もいるかもしれません。

僕もそう思っていました。

でも実際にやってみると1つがちょうどいいです。

程よい負荷で無理なく習慣化することができます。

 

開発者が親切

アプリのレビューに対して丁寧にコメントを返しています。

そして、定期的にアプリをアップデートさせています。

アップデート履歴になぜか書かれているメッセージもなんだか深みがあって好きです。

アップデートの内容と直接関係ないことも一緒に書かれています。

 

例えば、こんなの↓

ご飯のおともはどれも偉大です。
納豆のコストパフォーマンス、卵かけご飯が生み出すケミストリー、明太子のまとうプレミアム感。
そこにはそれぞれの魅力があり、私は彼らに優劣をつけるような真似はしたくありません。

しかし、もしどこかから悪い人がやってきて私に銃を突きつけ、 「一番好きなご飯のおともを答えないと殺す」と言われたら、私は苦渋の選択の末、「食べるラー油」と答えるでしょう。
あの、ニンニクとかが入っているあれです。

あれのどこがそんなに良いかというと、美味しさが振り切っている感じです。
健康にも良くなさそうだし、口は臭くなるし、服についたらすごくテンション下がるし、美味しさ以外はあらゆる側面で最低水準と言っても過言ではないでしょう。

しかし、美味しい。
もう、意味がわからないくらい美味しい。
あれは、他に選ぶことのできた全てを捨て、美味しさというたった一つの道だけを進み続けない限り、たどり着けなかった境地なのではないかと思います。

さて、このアプリにとって、「食べるラー油」の「美味しい」に相当すべきものは何でしょうか。
それは、「続く」ということです。

便利なアプリと言っては語弊があるし、派手で目立つ機能があるわけではない。
しかし、続く。
もう、意味が分からないくらい続く。

そんな真っ直ぐなアプリへと少しでも近付くべく、地味なアップデート版を公開します。

■ アップデートしたこと
– 一部の雑な応援コメントが雑じゃなくなりました。
– よくある質問と回答集を作りました。
– 入力した日数がずれることがある問題が解決した雰囲気が出てきました。
– 文字入力のキーボードが「完了」ボタンで閉じるようになりました。

 

課金で無駄機能という遊び心もある

課金することで無駄機能を追加することができます。

  1. 無駄機能|応援コメントがいい感じになる ¥960
  2. 無駄機能|応援コメントが中二病になる ¥960

普通に習慣化させたいだけの人にはまったくいらない機能です。

 

ちょっと高いですね。

 

でも、応援コメントがどのように変わるのか気になるので購入しようと思います。

 

次は「YouTubeを見ない」を習慣化したいと思う。

Twitter以上に僕の時間を奪っているもの。

それはYouTube。

次はこのYouTubeを見ないことを習慣化したいと思います。

YouTubeって楽しいからつい見てしまいますよね。

でもものすごい時間を奪ってきます。こやつ。

「関連動画」とか「あなたへのおすすめ」とかがあるおかげで、YouTubeから抜け出せなくなっちゃうんですよ。

本当にやることがなくて、時間が有り余っている時だったら見てもいいと思うのですが、やるべきことが見つかったので一旦封印します。

 

Twitterを見ないことを習慣化できたので、たぶんYouTubeもいけると思います。

YouTubeを見ないことの習慣化に成功したらまた報告したいと思います。

 

おわり。

継続する技術

継続する技術
開発元:Daisuke Toda
無料
posted with アプリーチ